各種整備

車検整備はもちろん、ブレーキパッドの交換からエンジンやミッションの載せ替えなど、各種整備(分解整備)を行っております。

お車に不具合が出て部品の交換が必要になった場合、「純正部品」「中古部品」「リビルド部品」のうち、品質や費用を含めると「リビルト部品」での修理がおすすめです。

Engine Replacement
エンジン載せ替え
Brake rotor
ブレーキローター、パッド交換
Water Pump
ウオーターポンプ交換

故障診断

お車の故障診断は「問診」「診断」「点検」の3つで構成されており、その中の「診断」におけるスキャンツール(専用テスター)での作業について、ご紹介します。

問診作業
 お客様との対話により、不具合状況を確認させていただきます。
診断作業 
 問診結果に基づき、スキャンツールなどを用いて故障部位を特定していきます。
点検作業 
 診断により特定された故障部位を点検し、原因を究明します。

Scan Tools
PC Scan Tools
Scan Tools

スキャンツール(専用テスター)とは?

自動車のコンピューターに接続し、各装置の目視等では分からない情報を入手できる診断ツール。
診断できる代表的な装置は、「エンジン」「トランスミッション」「ブレーキ」「ステアリング」などです。
一般的に故障時にテスターを使用すると思われますが、故障時以外にも潜在的な不具合の有無を確認することも可能です。

その他

 ・メーターに警告灯が点灯した場合、異常や故障個所の特定が可能
 ・現在異常がない場合でも、過去にどのような異常や故障があったかの確認が可能
 ・現在や過去に異常や故障があった場合、蓄積されている情報のリセットが可能(要確認後)
 ・車の調子が悪く、見た目で異常や故障の特定が困難な場合、箇所の特定などが可能
 ・結果、スピーディーで正確な診断が可能

最近の自動車は、車検整備時におけるブレーキオイルの交換などでも 「スキャンツール(専用テスター)」を使用する機会が増加していますので、修理工場にとっては必須アイテムとなっています。

また、旧車などは整備士の知識や技量で整備を行う機会が大半でしたが、近年の電子化された自動車においては、スキャンツールがなくては故障部位の特定が困難な状況であり、当店では簡易なスキャンツールからノートPCと連動の「詳細な情報把握が可能」な機器なども導入しております。

OBDII Scan
2008年10月以降に型式認定を受け生産が開始される車に
OBD2の診断機能搭載を義務付け
Old Cars
旧車の整備もお任せください

エーミング(特定整備)作業 ※特定整備事業の認証

特定整備制度は2020年(令和2年)4月1日より施行され、先進運転支援システム(ADAS)における先進安全装置(ASV)のセンサー類の調整を行う「エーミング作業」を実施するには従来の分解整備」に加え、「電子制御装置整備」 という新たな自動車特定整備事業の認証 が必要となり、資格を有しない事業場は作業を実施することができません。

このことから、今後も続く自動車技術の発展により、お客様の安全を守るための技術「先進運転支援システム(ADAS)」は更に進化し続け、その重要な装置を適正に調整してお客様の安全を支援できるよう、特定整備制度における「電子制御装置整備」 という新たな自動車特定整備事業の認証を取得しております。

「エーミング作業」が必要となる主なケースは、
・バンパーやグリル交換
・フロントガラス交換や脱着
・カメラ付きドアミラーの交換や脱着
・フレーム修正を含む鈑金塗装修理など

GooPitに各種作業実績を掲載しています